治療の場(相談・サポート) 臨床研究

東洋医学研究室

鍼灸の概要

 抗うつ薬の目覚ましい普及にも関わらず、うつ病患者が増え続けている状況の中で、アメリカや中国などにおいては、「抑うつ」を主訴として鍼灸院を訪れる人は少なくありません。鍼灸は気分障害における代替医療として注目されており、世界保健機関(WHO)もうつ病や神経症に鍼灸が有効である可能性を支持しています。中医学では「心身一如」というように、心と身体は一体不可分のものとして捉えられています。身体を病めば即ち心を病むことであり、心を病めば即ち身体を病むということであると考えられています。東洋医学では、身体状態を改善することが精神の健康にも役立つという考えが根本にあると言えます。
 鍼灸はその方法論が多様であり、その抗うつ効果を客観的・定量的に検証することは容易ではありません。特に日本鍼灸では「百人の鍼灸師がいれば、百通りの鍼灸がある」と言われるように、体系化された手法が確立されておらず、個人の経験則に頼りすぎている側面も指摘されています。また、これまでに海外で報告された鍼灸のうつ病に対する無作為化対照比較試験(RCT)では、試験デザインの不備やプラセボ群との差が出にくい傾向が指摘されています(文献1,2)。静かな環境において臥位をとり、触診や刺鍼で肌を触れながら、傾聴スタイルの患者治療者関係において、鍼灸の施術行為自体がうつ症状に対してプラセボ効果を持ちうるという指摘もあります。このためにシャム対照群の設定が難しいという側面もあり、純粋な鍼灸効果のエビデンスを検証するには多くの工夫が必要になります。最近ではシャム対照群を設定せずに、抗うつ薬に鍼灸を付加する研究デザインも採用され、一定の結果が得られています(文献3)が、上記の理由から鍼灸の効果のみを反映しているかどうかの検証は容易ではありません。

参考文献

  1. Smith CA, Hay PP, Macpherson H. Acupuncture for depression. Cochrane Database Syst Rev. 2010(1):CD004046.
  2. Leo RJ, Ligot JS, Jr. A systematic review of randomized controlled trials of acupuncture in the treatment of depression. J Affect Disord. 2007;97(1-3):13-22.
  3. Qu SS, Huang Y, Zhang ZJ, Chen JQ, Lin RY, Wang CQ, et al. A 6-week randomized controlled trial with 4-week follow-up of acupuncture combined with paroxetine in patients with major depressive disorder. Journal of psychiatric research. 2013;47(6):726-32.

PAGE TOP