治療の場(相談・サポート) 臨床研究

rTMS研究室

rTMSの概要

 rTMSはrepetitive Transcranial Magnetic Stimulationの略で、日本語にすると反復性経頭蓋磁気刺激法(はんぷくせいけいずがいじきしげきほう)と言います。rTMSを用いると、磁気エネルギーを使って脳内の神経細胞を人工的に働かせることができます。TMSでは、専用のコイルを頭にあてて、そのコイルに瞬間的に高電流を流すと、磁場が生まれます(ファラデーの電磁誘導)。この磁気エネルギーが脳内の局所に(渦)電流を誘導し、特定の神経細胞群が電気的に刺激されて活動します。つまりTMS装置からの電気エネルギーがTMSコイルで磁気エネルギーに変換され、さらに脳内で電気エネルギーに再変換されて神経細胞に伝わるのです(図1)。頭蓋骨の外から脳を刺激する場合、磁気刺激は電気刺激よりもエネルギーが格段に伝わりやすいため、弱い刺激強度で効率よく局所を刺激することが可能となります。

図1
rTMSの概要 図1

 TMSを反復的(repetitive)に行うと、刺激が終わった後も1時間程度刺激効果が続くことが分かっています。このことを神経可塑性(しんけいかそせい)と言い、「脳システムの柔軟性」を支える仕組みと考えることが出来ます。試験勉強で記憶したり、テニスやゴルフのフォームを練習したりするときにもこの神経可塑性が発揮されているのです。TMSを数百回から三千回程度繰り返すと、この神経可塑性を物理的に引き起こすことが出来ると言われています。うつ病のrTMS治療では、三千回刺激しますが、40分近くの時間がかかります。さらにこうした反復刺激を週に5日程度繰り返して、4週間から6週間ほどすると刺激の効果は脳内に定着し、治療効果(抗うつ効果)が得られると推測されています。つまり、rTMSは神経可塑性という元来我々に備わっている生物学的特性を活かした治療法ということができるのです。うつ病などの精神疾患のみならず、パーキンソン病、脳梗塞、慢性疼痛などの神経疾患の治療として盛んに研究されています。しかしrTMSの脳内メカニズム(図2)は未だに不明なところが多く残されており、今後も研究を継続する必要性があります。

図2
rTMSの概要 図2

PAGE TOP