治療の場(相談・サポート) 連携サポートセンター

地域連携・訪問支援

 地域連携・訪問支援科は以下の役割を担います。

① 地域連携

  • 地域関係者等の研修や見学等の調整を行い、精神医療を知ってもらう機会を積極的に作っていきます。
  • 認知症の一次検診等の調整等を行います。
  • 各種事業に参画し、精神医療の普及啓発に努めていきます。

② 訪問看護

  • 精神科における訪問看護は、患者さんやご家族にとって「何をしてくれる人なのか」が伝わりにくいものです。訪問看護を通してその人らしい生活を送ることができるよう、以下のような支援を行います。
  • 自宅や生活の場に訪問し、患者さんやご家族に対して多職種でサポートを行います。
  • 各種制度や関係機関等の活用や本人の困りごとを一緒に考え、本人やご家族が生活しやすいようサポートします。
  • その人なりの地域生活が継続できるよう関係機関と連携していきます。

③ 院内連携の強化

  • 地域を中心とした精神医療体制の構築に向けた情報発信をいたします。
  • 病院スタッフが、病気のみではなく、その人のあるべき姿を知る機会を提供いたします。
  • 入院の長期化や再入院を予防できるようカンファレンスを充実させ、地域移行・地域定着を推進していきます。
  • 患者さんが地域で生活することを具体的に支援できるよう入院時から継続した支援を行っていきます。

PAGE TOP