治療の場(相談・サポート) 相談・サポート

地域医療連携室

 地域医療連携室は、患者さんが地域でその人らしい生活を送れるよう、当センターと地域・関係機関をつなぐ役割を担っています。また、地域に開かれた病院を目指すため関係機関への理解と連携に努めます。

地域医療連携室の活動

  1. 長期在院患者さんの社会復帰支援
     地域の支援者の方々との積極的な交流を行い、入院している患者さんの退院に向けた支援及び地域生活が定着できるよう相談、助言などを行います。
  2. 他の医療機関からの転院依頼の調整
     他の医療機関からの紹介を受けm-ECT(修正型電気けいれん療法)、クロザピンなど治療が必要な患者さんの受け入れ、調整を行います。
  3. 関係機関からの見学・研修の受け入れ
     関係機関の方々に当センターの機能と役割について紹介します。また、地域の方々を対象とした講座を行い、精神に障害をもつ方への理解を深める機会をつくります。
  4. 身体合併症発生時の対応
     患者さんが身体合併症を併発され際は、総合病院などと連携を図ります。

 地域医療連携室は多職種チームで活動します。
 メンバーは医師3名、看護師3名、精神保健福祉士1名、事務職員1名の計8名です。
 (専任スタッフは看護師1名、精神保健福祉士1名)

地域医療連携室メンバー

PAGE TOP