治療の場(入院・外来治療) 専門治療

 救急医療や一般医療になじまない患者さんの治療の場として、せりがや病院における治療を引き継ぐ形としての依存症病棟、平成20年4月に芹香病院に開棟し、県の自殺対策の一翼を担ってきたストレスケア病棟に加えて、中高生年代の患者さんを対象とする思春期病棟を新たに開棟し、それぞれの患者さんに適した治療の場を提供しています。

PAGE TOP