治療の場(入院・外来治療) 専門治療

rTMS療法

はじめに

 当センターのストレスケア医療(ニューロモデュレーション研究室)では、2008年より気分障害を対象としたrTMS(反復経頭蓋磁気刺激)の臨床研究を実施してまいりました。2017年10月、わが国でもrTMS療法が承認され、2018年(平成30年)3月には適正使用指針が策定され、2019年(令和元年)6月より保険医療で実施することが可能となりました。これに合わせて、当センターのrTMS臨床研究を一旦終了し、保険診療としてのrTMS療法を適切に普及するための中核的な医療機関になることを目指しています。
 長年にわたりうつ病に苦しむ患者さんやそのご家族におかれましては、藁にもすがる思いでrTMS療法を"最後の手段"と位置づけたくなるかも知れません。しかし、この新たな治療選択肢となるrTMS療法の正しい知識とうつ病治療における位置づけを知って頂くことが大切であると考えます。

PAGE TOP