治療の場(入院・外来治療) 専門治療

インターネット・ゲーム依存症思春期入院プログラム(治療)

入院治療の流れ

入院初期(0~3週目頃)

 入院後はまずは携帯電話等通信機器を使用しない時間を過ごし、生活リズムを整えます。
 病棟ではスタッフとの関わり通して、関係性を作っていきます。
 1週目から徐々にプログラム参加
、3週目頃より院内学級を始めます。

入院中期(4~7週目頃)

プログラム等に参加し、入院生活や院内学級に慣れていきます。自宅での生活リズムなどを考え、インターネット・ゲームとのつきあい方を話し合います。

矢印

退院後のインターネット・ゲームとのつきあい方について、本人の意向が決まった段階で、通信機器の使用が許可され、ほどよいつきあい方ができるよう取り組みます。

矢印

退院後の過ごし方や居場所を具体的に考えていきます。

 

入院後期(8週以降)

 家庭でのインターネット・ゲームの使い方を決めて、外泊訓練をします。

退院/退院後

 退院後、一定期間通院して頂きます。

PAGE TOP