治療の場(入院・外来治療) 専門治療

思春期(4B病棟)

病棟の特色
  1. 思春期年齢の患者さんの治療を行います
     地域の医療機関からの紹介だけでなく、教育機関、福祉機関、ご家族からの相談にも対応していきます。地域での生活基盤や教育の機会が失われないよう、医師・看護師・公認心理師・作業療法士・精神保健福祉士等、多くの職種で連携した集約的治療を行い、短期間での入院加療を目指します。
  2. 本人・家族の回復・成長を支援します
     思春期年代は自立を目標とする成長発達の過程にあることが特徴です。当病棟では症状の見立て、治療を行うと同時に、患者さんとご家族の健康的な面を見出し支援することを目指しています。退院後も安定した生活が継続できるよう、地域の教育機関、児童福祉機関、精神保健機関、他の医療機関とのネットワークを入院中から構築していきます。
  • 全室個室となっており、プライバシーに配慮した快適な療養環境です。
  • 専用の外部空間(テラス)が確保されており、建物から出ることなく青空の下で軽い運動が行えます。
  • 病棟内に県立横浜南養護学校芹ヶ谷学級があり、治療の中で教育上の配慮が必要となった入院患者さん(中学生)に対応しています。学習室はインターネット授業に対応できるよう学習環境を整えています。
対象者は
  • 原則的に中学・高校生年齢の方(12歳~18歳)で、思春期病棟入院による治療効果が得られると主治医が判断した患者さんです。
  • 精神科専門病院という性質上、身体管理を要する患者さん(摂食障害等)については対応できない場合もあります。
スタッフは
  • 医師、看護師の他、病棟担当の精神保健福祉士、臨床心理士、作業療法士、薬剤師、管理栄養士が在籍し、必要に応じて患者さん、ご家族への支援を行っています。
入院までの流れ

 まずは電話でご相談ください。精神保健福祉士がお話をうかがい思春期外来への予約をいたします。医師の診察にて入院が必要と判断された場合、入院の予約をいたします。

PAGE TOP