当センターについて

栄養管理科 組織概要

理念

栄養管理科1 栄養管理科は、チーム医療の一員として、患者さん一人ひとりの状態にあわせた栄養管理を行うことにより、患者さんの生活の質、療養生活の満足度および治療効果の向上に貢献することを目指します。

基本業務方針
  1. 患者さん個々の状態や年齢、嗜好にあった食事の提供
  2. 安全、安心な食事を提供するための衛生管理の徹底
  3. 患者さんが自立した食生活を営むための支援
  4. 知識・技術の向上のための自己研鑽と実務への展開
  5. センター内チーム医療への参画
栄養管理科業務内容
    栄養管理科2
  1. 食事提供・給食管理、栄養事務業務
  2. 栄養管理業務
  3. 衛生管理業務
  4. 栄養相談・栄養教育業務
  5. 危機管理業務


栄養管理科3 栄養管理科では、個々の患者さんにあった栄養管理の実施と安全、安心な食事提供を業務としています。さらに、精神科治療の一環として食生活の自立支援に結びつく関わりを目的としています。
 また、入院患者への栄養管理について、NST・栄養管理検討部会を有効に活用し、病棟カンファレンスを中心に栄養管理上の問題点、課題などの解決に向けた提案をしています。



栄養管理科の体制

 直営運営。

栄養管理科長 1名
管理栄養士 2名
非常勤栄養士 1名
事務補助員 1名
調理職員 17名
非常勤盛付け職員 20名
給食実施状況

食事時間

 朝食7時 昼食12時 夕食18時

温度管理

 温冷配膳車使用

提供食数

 約880食/日

栄養管理方針

 当センターの入院患者および外来患者の栄養状態の把握に努め、栄養状態の維持、改善を目的とした栄養管理を実施します。
 疾患の治療効果の増幅、患者のADL(activity of daily living)やQOL(quality of life)の直接的な改善に結びつくことを目指します。

栄養管理運営体制

 センター内の関係職種が専門性を発揮して連携、協力します。
 栄養管理の構成要素は、栄養スクリーニング、栄養アセスメント、栄養管理計画、モニタリング、再評価、再評価に基づく栄養管理計画の見直しであり、実施手順を予め定めています。

栄養管理の検討に関する設置会議と構成員

栄養・給食会議 四半期に一回開催 栄養・給食会議運営要領規定の構成員
NST・栄養管理検討部会 月に一回開催 管理栄養士、医師、看護師(業務副看護局長、
看護科長、褥瘡会議メンバー)、薬剤師
病棟カンファレンス 月に一回開催 病棟医師、病棟看護師、管理栄養士

 * その他、必要に応じ臨時ミーティング実施。

栄養管理・NST活動

 医師、看護師、管理栄養士を中心に薬剤師、作業療法士、心理職、事務職も含めた多職種協働のもと患者さんを支える体制を完備します。
 多職種が連携を図り、より安全で有効な栄養管理を行うための医療チームとしてセンター内NST(nutrition support team)栄養管理部会を組織します。
 低栄養状態の患者さん対応は、病棟および褥瘡委員会と適宜、連携をします。
 飲み込みに心配のある患者さんの対応は、週1回嚥下ラウンドを実施しています。

栄養指導

 集団指導は、ストレスケア外来治療プログラム「リワーク」の一環の集団指導のほか、病棟における入院生活を送る上で必要となる食知識の集団指導、作業療法プログラムの食生活の自立支援のための集団指導、デイ・ケア通院患者対象の集団指導など精神科特有の視点にたった指導を実施しています。
 また、デイ・ケア患者を対象に昼食を患者自身で盛り付けることにより適量を把握することを目的として「セルフランチ」など実践を伴う指導を実施しています。
 個人指導については、体重管理、バランスのとれた食生活、糖尿病、脂質異常症などの食生活指導を主治医の指示に基づき実施しています。

栄養士養成校実習生指導

 管理栄養士養成校の実習生を受託しています。
 病院事務職員、他セクションの職員の研修を受託しています。

PAGE TOP