BADO(患者基本記録)

BADO(患者基本記録)

J-BADO2016ホームページ掲載にあたって

 BADO(Basis Dokumentation)=患者基本記録は、精神科医療の質評価のためのデータシステムです。
 ドイツ精神医学精神療法神経治療学会(DGPPN)が作成し、1995年よりドイツの州立病院を中心に導入されました。
 患者さん一人に対し、一回入院ごとのデータファイルで、入院時と退院時に医療者によって記入されます。
 内容は、患者構造、治療プロセス、アウトカムを反映する約80項目からなります。
 日本においては、DGPPNの承認のもとに、1999年に日本語版BADO(J-BADO)が作成され、これまでに統合失調症や急性期入院に関する日独比較や、長期在院者についての検討がなされてきました。
 これらの経験をもとに、現在の精神科医療に即した形に改訂したものが、J-BADO2016です。

 神奈川県立精神医療センターでは精神科医療の質向上を目指して、2016年4月より依存症病棟を除く全病棟で、J-BADO2016を導入しました。入院時と退院時に、多職種チーム(医師・看護師・社会福祉士・心理士・作業療法士・薬剤師)によって入力されています。

 今後はHP上にも、結果の一部を継続的に掲示していきます。精神科医療の質の向上のための、一資料として参照していただければ幸いです。
 また今後、地域の他施設がBADOに参入できるように、J-BADO2016の記入用紙とマニュアルを掲載し、ダウンロードできるようになりました。他病院にもひろく利用していただき、病院比較の可能性を積極的に模索しています。
 今後はさらに多面的で多彩な結果を掲示できるものと考えております。

J-BADO結果

 結果は以下よりダウンロードしてご覧ください。

資料のダウンロード

 以下の記入用紙、マニュアルをダウンロードするにはIDとパスワードの取得が必要です。

  • J-BADO2016記入用紙(入院時)
  • J-BADO2016記入用紙(退院時)
  • J-BADO2016マニュアル(入院時)
  • J-BADO2016マニュアル(退院時)

 下記のフォームに必要事項記入し、送信してください。資料ダウンロードのご案内をメールでお知らせします。

参考文献

  1. 森脇久視,岩井一正,Clemens C : ドイツにおける患者基本記録(BADO)を用いた精神科医療の質向上の試み.精神医学 53 : 679-687, 2011
  2. Hubner-Liebermann B, Spiessl H, Iwai K, Cording C : Treatment of schizophrenia: implications derived from an intercultural hospital comparison between Germany and Japan. Int J Soc Psychiatry 51 : 83-96 , 2005
  3. Moriwaki K, Neuner T, Hirakawa J, Iwai K et al : Acute psychiatric inpatient care: A cross-cultural comparison between two hospitals in Germany and Japan. Int J Soc Psychiatry 59:771-781, 2013
  4. 岩井一正、森脇久視、平川淳一、他 : 慢性期病棟の入院患者の特性: BADO(患者基本記録)を用いた急性期病棟との比較.精神医学 54 : 1209-1218, 2012

PAGE TOP