当センターについて

公開講座・イベント

講演会 「強迫症の認知行動療法」

 強迫症は一般になじみがない病名かもしれませんが、どの国にも2.5%程度は診断される人がおり、統合失調症の4~5倍の患者数と言われています。長時間の洗浄行為や繰り返す確認行為が症状の主なものです。一方で、「きれい好き-潔癖性-強迫症」や「慎重-完璧主義-強迫症」ラインは連続しており、どこからを病気として線引きするのか明確ではなく、診断されていない強迫症予備軍は相当存在します。うつ病との合併も3割程あると言われています。
 好きな音楽のジャンルやいつも選ぶ食べ物の銘柄のようなこだわりは多かれ少なかれ誰にでもあるものです。誰かの「こだわり」という価値観を無視して意見をすると、そこでいさかいが起こってしまいます。趣味の違いで関係性が壊れてもいいけれど、患者さんや大切な家族を援助する立場にある人がその人のこだわりを論破しようとするのは支援にならず、認知行動療法でもありません。患者さんと争いにならないよう、こだわりという価値観を大事にしながらも、いつの間にか患者さんがそのこだわりを緩め生活がしやすくなるような援助の実際についてお伝えしたいと思います。

日時

 2017年7月6日(木)18:00~20:00(開場17:30)

場所

 精神医療センター講堂

演題

 強迫症の認知行動療法

講師

 岡嶋美代先生
  千代田メンタルクリニック・なごやメンタルクリニック


看護週間・看護の日

 毎年 5月12日は、看護の日です。この日は近代看護を築いたフローレンス・ナイチンゲールの誕生日です。そして 5月12日を含む週の日曜日から土曜日までが看護週間です。
 当病院では、毎年、この日を記念し、県民の皆様に看護への理解を深め、看護をより身近なものとしていただくために、講演会、演奏会、展示会などを開催しております。
 また、7月には 1日看護体験なども行っておりますので、皆様のご参加をお願いいたします。

日時

 2017年5月11日(木) 13:00~16:00

場所

 精神医療センター 2階 講堂

プログラム内容

  1. 講演会
    ・13:05~13:35 「現在の依存症治療」
     講師:精神医療センター 依存症診療科医長 黒澤 文貴
    ・13:35~14:05 「手軽にできるバランスの良い食事」
     講師:精神医療センター 栄養管理科 平山 麻実子
  2. デイケアコーラス
    ・14:05~14:30 デイケアメンバーによる歌披露
  3. クラシックコンサート
    ・14:30~16:00 ピアノ・マリンバ・フルートによる演奏
    ・演奏者 ピアノ 古旗 由紀子
          フルート 池田 静枝
          マリンバ 小林 悦巳

せりがや会(OB会)

 毎年4月の第1日曜日に退院者及び自助グループの方々を中心に「依存症からの回復」をテーマとした集まりを行っています。

その他

 看護局のイベントについては以下のリンクよりご覧ください。

PAGE TOP