看護局について
日本看護協会専門看護師紹介
専門看護師とは?
 専門看護師は、専門分野において、以下の6つの役割を果たします。
  1. 個人、家族および集団に対して卓越した看護を実践する(実践)
  2. 看護者を含むケア提供者に対しコンサルテーションを行う(相談)
  3. 必要なケアが円滑に行われるために、保健医療福祉に携わる人々の間のコーディネーションを行う(調整)
  4. 個人、家族および集団の権利を守るために、倫理的な問題や葛藤の解決を図る(倫理調整)
  5. 看護者に対しケアを向上させるため教育的役割を果たす(教育)
  6. 専門知識および技術の向上並びに開発を図るために実践の場における研究活動を行う(研究)

専門看護師 石田 正人

石田 正人

 精神看護専門看護師として、2つのことを大切に活動しています。1つ目は、入院してこられた患者さんに対して、心地よい対人関係を作り、治療全般の基盤づくりをすることです。患者さんの中には、生活している中で何かしらの困りごとを抱えている人もいます。そうした人に困りごとを教えてもらい、ご自身の治療について考えられるよう支援しています。もう1つは、スタッフへの支援です。病棟の看護師たちが自分のケアの意味を考えたり、患者さんとの相互関係が築けるよう活動しています。専門看護師は、人から活用されてこそ意味のある資源だと考えていますので、気軽に声をかけて頂けるとうれしいです。

日本看護協会認定看護師紹介
日本看護協会認定看護師とは?

 日本看護協会が行う認定看護師審査に合格し、特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を用いて、水準の高い看護実践のできる者を認定看護師という。認定看護師の役割は、看護現場において実践・指導・相談の3つの役割を果たすことにより、看護ケアの広がりと質の向上を図ることに貢献する。

実践:特定の看護分野において、個人、家族及び集団に対して、熟練した看護技術を用いて水準の高い看護を実践する。

指導:特定の看護分野において、看護実践を通して看護者に対し指導を行う。

相談:特定の看護分野において、看護者に対しコンサルテーションを行う。

日本看護協会より引用
感染管理認定看護師
感染管理認定看護師 二瓶 比呂志

二瓶 比呂志

 医療関連感染の発生防止への意識向上と感染対策の基本を遵守するために、科学的根拠に基づいてマニュアルを改訂し、費用対効果の高い精神科ならではの新しい知識・技術の導入に努めています。
 組織全体で感染対策を実践できることを目指して、速やかに臨床現場に足を運んで実践・指導を行っています。疑問や相談がある場合は、全体の感染対策技術向上に繋がるように配慮してコンサルテーションを行っています。


皮膚・排泄ケア認定看護師
皮膚・排泄ケア認定看護師 市六 輝美

市六 輝美

 皮膚障害のリスクが高い脆弱な皮膚の患者さんに対して、スキンケアや排泄ケアを基盤に、褥瘡・創傷、排泄物等による皮膚障害の予防と治癒促進するためのケア方法を、精神科における特徴を踏まえつつ、スタッフと共に検討・実践していきたいと考えています。

日本精神科看護技術協会認定看護師紹介
日本精神科看護技術協会認定看護師とは?

 日本精神科看護技術協会認定看護師は、特定の分野において、専門的な看護知識・技術を用い、質の高い看護ケアを患者さん、ご家族に提供させていただくことや、病院内で働く職員の相談を受け、看護現場における看護ケアの広がりと質の向上を目的としています。
 日本精神科看護技術協会では、全10分野が認定されています。当院では、行動制限最小化看護、精神科薬物療法看護、うつ病看護、退院調整、児童・思春期精神看護、精神科身体合併症看護の計6名が活動をしています。

~ 行動制限最小化看護 ~
精神科認定看護師 中谷 将

中谷 将

 行動制限最小化看護では精神科における様々な行動の制限において検討し、病院内で行われる行動の制限が最低限になるよう、日々努めています。活動内容としては行動制限評価検討会議に参加し、医師を初めとする多職種で話し合い、最小化に向けて検討しています。また現場では病棟ラウンドで現状を把握していき、カンファレンスに参加し相談を受ける等、患者さんの行動制限が少しでも改善できるよう、スタッフと一緒に考えています。


~ 精神科薬物療法看護 ~
精神科認定看護師 井上 美紀

井上 美紀

 精神科薬物療法を受ける患者さん・ご家族が、安心して服薬を継続できる療養環境を整え、早期に地域で生活を送ることができるように支援することを目的に活動をしています。薬を飲むことで困っていること、副作用のことなどご相談にお答えします。どうぞ、お気軽に声をかけて下さい。


~ うつ病看護 ~
精神科認定看護師 安藤 馨

安藤 馨

 現代は、様々なタイプの“うつ”が社会問題となっています。当院のストレスケア病棟では、それぞれの患者さんが抱えるうつ症状や生活のし辛さに対し、どのような援助が良いかを毎日カンファレンスを行い、チームで共有しています。認定看護師としてチームに役立つよう、これまでの知識と経験を活かして、日々患者さんとの関わりやスタッフの教育、自己研鑽に励んでおります。院内外で積極的に活動しておりますので、“うつ”にまつわるこころの問題を一緒に考えていきましょう。


~ 退院調整 ~
精神科認定看護師 黒田 明仁

黒田 明仁

 精神を病んだ方々が退院後に安定した自立生活を送るには、ご本人の疾患を治療するだけでは対応できないことが地域社会には数多くあります。例えば、どこに住むの? 誰が食事を作るの? 買い物は? 夜に急に不安になったら誰が対応してくれるの?など、色々な事があります。早期に退院に結びつくために他の職種と協力しながら、退院調整認定看護師の視点で生活設計を考えるお手伝いをいたします。


~ 児童・思春期精神看護 ~
精神科認定看護師 佐藤 泰幸

佐藤 泰幸

 児童虐待やいじめ、家庭内暴力、発達障害等の話題が各メディアを通して多く発信されるようになり、早期に医療と結びつくことが望ましい対象者が増えていると感じています。
 自分探しの時期に大きく揺れ動く感情や折り合いをつけられない気持ちに専門職として向き合い、大人に見守られているという安心感を与えられるような環境を提供することが重要だと考えています。
 安心できる環境下で自分らしく生きていくことを共に考え、サポートしていけるようにスタッフの皆さまと一緒に取り組んでいきたいと思っています。


~ 精神科身体合併症看護 ~
精神科認定看護師 小林 重太

小林 重太

 患者さんは、精神症状等によって身体的な症状を適切に他者に伝えることが困難なことも少なくありません。こうした中で、患者さんの不調の訴えを精神症状と捉えるだけではなく、フィジカルアセスメントを意識し客観的なデーターからも患者さんの状態を判断できるように努めています。このような看護が、身体合併症の『予防』や『早期発見』、そして他職種との『連携』につながっていくと考えています。
 現在は、肺炎予防のための口腔ケア等の活動をスタッフと共に行っています。

看護職員募集中!
お電話でのお問い合わせ
  • ※ 当サイトは、Internet Explorer 6以下では正しく表示されない場合があります。