治療の場(相談・サポート) 相談・サポート

訪問看護

訪問看護1 当センターでは患者さんやご家族のご希望により訪問看護を行っています。
 患者さんが地域やご家庭でより安定し快適な生活を送るために、ご自宅に訪問スタッフが伺い、困っていることを一緒に考えながら暮らしのサポートをさせていただきます。
 訪問看護では、在宅治療の一環として主治医の治療方針のもと、皆様からのご要望を取り入れ、個々の状況に応じた看護プランを作成いたします。
 ご希望の方は、お気軽にご相談ください。

対象となる方

  • 当センターに通院中の方。なお入院中でも、病棟看護師とソーシャルワーカーが訪問看護を実施させていただくことがあります。
  • ご本人またはご家族の同意が必要です。
  • 主治医からの訪問看護の要請が必要です。

次のような方々に訪問看護を行っています。

  • 薬の飲み残しや飲みすぎで困っている
  • 一人暮らしが初めてで不安がある
  • 外来通院が定期的にできない
  • 金銭管理がうまくできない
  • 一日の生活リズムが乱れている
  • 家族関係がうまくいかない
  • 相談相手がほしい
  • 再入院を繰り返している
  • 掃除洗濯などがスムーズにできない
  • 食生活が乱れているが改善できない  等

ご利用回数と担当者について

 ご本人の状況に合わせ、毎月1回~4回程度、約束した日時に担当看護師が訪問いたします。また退院初期や不調時には回数を増やすなどの調整をさせていただきます。

ご利用回数と担当者について

ご利用料金について

 各種健康保険がご利用いただけます。障害者自立支援法を利用されている方は原則1割負担となり、受給者証記載の自己負担限度額内で算定されます。
 また、訪問にかかる交通費は病院が算定した金額が自己負担となります。非課税世帯の方は交通費が半額免除となりますのでお申し出ください。

お申込み・お問い合わせ

 訪問看護をご希望の方は、主治医・ソーシャルワーカー・外来看護科にお申し出ください。
 詳しい説明やご質問は社会復帰支援部 訪問看護科または福祉医療相談科で承っています。

地域連携部 訪問看護科担当

電話 045-822-0241

受付時間 平日午前8時30分~午後5時15分

PAGE TOP