治療の場(相談・サポート) 臨床研究

rTMS研究室

研究業績

原著論文

  • Saeki T, Nakamura M, Hirai N, Noda Y, Hayasaka S, Iwanari H, Hirayasu Y. Localized potentiation of sleep slow-wave activity induced by prefrontal repetitive transcranial magnetic stimulation in patients with a major depressive episode. Brain stimulation. 2013 May;6(3):390-6.
  • Noda Y, Nakamura M, Takashi Saeki T, Inoue M, Iwanari H, Kasai K. Potentiation on quantitative electroencephalograms following Prefrontal Repetitive Transcranial Magnetic Stimulation in Patients with Major Depression. Neuroscience Research. 2013 Sep-Oct;77(1-2):70-7.
  • Hayasaka S, Nakamura M, Noda Y, Izuno T, Saeki T, Iwanari H, Hirayasu Y. Lateralized hippocampal volume increase following high-frequency left prefrontal repetitive transcranial magnetic stimulation in patients with major depression. Psychiatry Clin Neurosci. 2017 Jun 20.
  • Noda Y, Zomorrodi R, Saeki T, Rajji TK, Blumberger DM, Daskalakis ZJ, Nakamura M. Resting-state EEG gamma power and theta-gamma coupling enhancement following high-frequency left dorsolateral prefrontal rTMS in patients with depression. Clin Neurophysiol. 2017 Mar;128(3):424-432.

総説・著書

  • 中村 元昭: 反復性経頭蓋磁気刺激法(rTMS)の気分障害に対する治療応用.日本生物学的精神医学会誌22(3):181-189, 2011.
  • 中村 元昭: 反復性経頭蓋磁気刺激法によるうつ病治療.精神神経学雑誌 第114巻第11号:1131-1149, 2012.
  • 中村 元昭: 【mECT、rTMSのバイオロジーと臨床応用】精神科医療におけるニューロモデュレーションの歴史と現在, そして未来.日本生物学的精神医学会誌23 (2): 121-129, 2012.
  • 中村 元昭: うつ病(分担).精神保健福祉白書(2013年版).中央法規, 2012.
  • 中村 元昭: 【経頭蓋磁気刺激の臨床、研究への応用】 うつ病治療への応用. 精神科2013.02;22(2);143-151. 科学評論社.
  • 中村 元昭: うつ病(分担).精神保健福祉白書(2014年版).中央法規, 2013.
  • 中村 元昭: 【磁気刺激による神経・精神疾患治療】精神疾患(うつ病)に対するrTMS. 脳21 18(1): 60-64. 金芳堂, 2015.
  • 中村 元昭: 【rTMSの国内導入の展望と課題】 反復性経頭蓋磁気刺激法(rTMS)の国内導入に向けて.精神神経学雑誌117巻2号 Page94-102, 2015.
  • 中村 元昭: 反復経頭蓋磁気刺激法(rTMS)によるうつ病の治療.日本医事新報4803号 Page55-56, 2016.
  • 中村 元昭:【ECTの適応についての展望とrTMSの現況】 精神疾患に対するrTMSの現況と国内導入の現状.総合病院精神医学28巻2号 Page125-131, 2016.
  • 中村 元昭:【精神科・私の診療手順】経頭蓋磁気刺激法が適応となる患者.臨床精神医学 45(増刊): 39-42, アークメディア 2016.
  • 中村 元昭:【磁気刺激の新たな展開】神経ネットワークダイナミクスから探る反復経頭蓋磁気刺激の抗うつ効果.BRAIN and NERVE, Vol.69 No.3, 医学書院 2017.

学会発表

  • Nakamura M, Noda Y, Saeki T, Kawamoto E, Yamamoto Y, Iwama H, Iwanari H, and Hirayasu Y. Navigation-guided repetitive transcranial magnetic stimulation (rTMS) applied to major depression and rTMS-induced increase of gray matter volume. International Congress of Clinical Neurophysiology, October 30, 2010, Kobe, Japan.
  • 中村 元昭. 「反復性経頭蓋磁気刺激法(rTMS)の気分障害に対する治療応用」第32回 日本生物学的精神医学会(平成22年10月8日 北九州市小倉) シンポジウム9「電気けいれん療法・磁気刺激療法の進歩」.
  • Nakamura M, Noda Y, Saeki T, Kawamoto E, Yamamoto Y, Iwama H, Iwanari H, and Hirayasu Y. Therapeutic application of navigation-guided repetitive transcranial magnetic stimulation (rTMS) to major depression and rTMS-induced alteration of gray matter volume. Society for Neuroscience, November 14, 2010, San Diego, CA, USA.
  • Nakamura M, Noda Y, Saeki T, Kawamoto E, Nagafusa Y, Inoue M, Yamamoto Y, Iwama H, Iwanari H, and Hirayasu Y. Navigation-guided repetitive transcranial magnetic stimulation (rTMS) applied to major depression and rTMS-induced structural brain alterations. 10th World Congress of Biological Psychiatry (WFSBP), June 2, 2011, Prague, Czech Republic.
  • Nakamura M. Biology of rTMS: structural and electrophysiological brain alterations induced by rTMS possibly associated with its antidepressant effect. Symposium Presentation at World Congress of Asian Psychiatry (WCAP), August 2, 2011, Melbourne, Australia.
  • 中村 元昭.医師部会「精神科医療のフロンティア」ニューロモデュレーションの新たな可能性.第50回全国自治体病院協議会 都市センターホテル(東京都)(2012年8月30日)
  • Nakamura M, Noda Y, Saeki T, Hayasaka S, Izuno T, Iwanari H, Hirayasu Y. Structural brain alterations induced by prefrontal repetitive transcranial magnetic stimulation potentially associated with its antidepressant effect. Oral Presentation at 11th World Congress of Biological Psychiatry (WFSBP), June 22, 2013, Kyoto, Japan.
  • 中村 元昭.ランチョンセミナー2 『精神科治療学におけるニューロモデュレーションの歴史と現在』 第15回日本ヒト脳機能マッピング学会 東京大学伊藤国際学術研究センター (東京都) (2013年7月5日)
  • 中村 元昭.シンポジウム7「ECT/TMSの今後」「rTMSの臨床導入に向けて(オープン試験での臨床経験から)」第26回日本総合病院精神医学会 京都テルサ(京都府)(2013年11月29日)
  • Nakamura M. Transcranial brain stimulation for major depression; present and near future. Yokohama International Symposium for Life Design and Engineering, March 6, 2014, Yokohama, Japan.
  • 中村 元昭.委員会シンポジウム「rTMSの国内導入の展望と課題」「rTMSの国内導入に向けて」第110回日本精神神経学会学術総会 パシフィコ横浜(神奈川県)(2014年6月27日)
  • 中村 元昭.シンポジウム9「うつ病のBrain Stimulation療法」「ドパミン神経系からみた脳刺激の役割」第11回日本うつ病学会 広島国際会議場(広島県)(2014年7月19日)
  • 中村 元昭.第25回磁気刺激法の臨床応用と安全性に関する研究会「うつ病rTMSの国内導入へ向けた取り組みの現状と課題」第44回日本臨床神経生理学会 福岡国際会議場(福岡県)(2014年11月19日)
  • Nakamura M, Noda Y, Saeki T, Hayasaka S, Izuno T, Yoshiike T, Hirayasu Y. Structural and functional brain alterations induced by a series of prefrontal repetitive transcranial magnetic stimulation. 1st International Brain Stimulation Conference, March 2, 2015, Singapore, Republic of Singapore.
  • Nakamura M, Noda Y, Saeki T, Hayasaka S, Izuno T, Yoshiike T, Hirayasu Y. Functional and structural neuroplasticity possibly induced by a series of prefrontal rTMS for major depression. Oral presentation at 70th Annual Meeting of Society for Biological Psychiatry, May 14, 2015, Toronto, Canada.
  • Nakamura M, Noda Y, Saeki T, Hayasaka S, Izuno T, Yoshiike T, Hirayasu Y. Functional and structural neuroplasticity possibly induced by a series of prefrontal rTMS for major depression. Symposium presentation at 12th World Congress of Biological Psychiatry, June 17, 2015, Athens, Greece.
  • 中村 元昭.市民公開講座 「精神疾患の新たな治療法」脳刺激の科学と倫理.第37回日本生物学的精神医学会 タワーホール船堀(東京都)(2015年9月26日)
  • 中村 元昭.シンポジウム21「TMSの精神疾患へのへの応用」前頭前野TMSによる可塑性様変化の電気生理学的検討.第45回日本臨床神経生理学会 大阪国際会議場(大阪府)(2015年11月7日)
  • Nakamura M and Noda Y. Potential EEG biomarkers for neuroplasticity induction by a series of prefrontal rTMS for major depression. Symposium Presentation at International RANZCP (Royal Australian & New Zealand College of Psychiatrists) Congress of Psychiatry, May 9, 2016, Hong Kong, China.
  • Nakamura M, Saeki T, Noda Y. Stimulation-induced plastic changes of the prefrontal cortex in psychiatric disorders. Invited Lecture at International RANZCP (Royal Australian & New Zealand College of Psychiatrists) Congress of Psychiatry, May 9, 2016, Hong Kong, China.
  • 中村 元昭.ワークショップ「ケーススタディから学ぶ反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)によるうつ病治療」 rTMSの機序と有効性.第112回日本精神神経学会学術総会 幕張メッセ(千葉県)(2016年6月2日)
  • Nakamura M. Clinical application of quadripulse stimulation (QPS) to major depression. Symposium Presentation at International Symposium on rTMS Treatments, September 24, 2016, Tokyo, Japan.
  • Nakamura M, Itahashi T, Izuno T, Fujino J, Ohta H, Hashimoto R, Kato N. Altered neuroplasticity of prefrontal cortex in adult autism spectrum disorder. 2nd International Brain Stimulation Conference, March 8, 2017, Barcelona, Spain.
  • Nakamura M. Symposium 32 "New perspectives on transcranial magnetic stimulation in psychiatric disorders" Clinical application of quadripulse stimulation (QPS) to major depression. Symposium presentation at 13th World Congress of Biological Psychiatry (WFSBP), June 20, 2017, Copenhagen, Denmark.
  • Nakamura M. Symposium 51 "Advances in biomarker development for neurostimulation" Stimulation-induced neuroplasticity of prefrontal cortex in adult autism spectrum disorder (ASD). Symposium presentation at 13th World Congress of Biological Psychiatry (WFSBP), June 21, 2017, Copenhagen, Denmark.
  • 中村 元昭、 伊津野 拓司.シンポジウム13「軽症~中等症の治療抵抗性うつ病をターゲットとした新しい身体治療」 反復性経頭蓋磁気刺激法(rTMS)の対象となりうる臨床像.第113回日本精神神経学会学術総会 名古屋国際会議場(愛知県)(2017年6月22日)
  • 中村 元昭、 伊津野 拓司.委員会シンポジウム16「反復経頭蓋磁気刺激療法の適正使用に向けた取り組み」 日本におけるrTMS療法の有効性と安全性~単施設二重盲検試験の経験から~.第113回日本精神神経学会学術総会 名古屋国際会議場(愛知県)(2017年6月23日)
  • 中村 元昭、 伊津野 拓司.シンポジウム43「脳刺激療法の未来と可能性:臨床研究からベッドサイドへ」 反復4連発単相性磁気刺激(QPS)の精神科臨床応用.第113回日本精神神経学会学術総会 名古屋国際会議場(愛知県)(2017年6月23日)

PAGE TOP