治療の場(入院・外来治療) 専門治療

インターネット・ゲーム依存症思春期入院プログラム(治療)

インターネット・ゲーム依存症とは

 インターネットやゲームに費やす時間が次第に長くなり、食事や睡眠がおろそかになったり、そのことをずっと考え他の活動に対する興味を失ったりすることなど自分自身をコントロールできなくなる病気です。それにより、大事な仲間を失う、家族関係が悪くなる、学校や勉強・仕事などがおろそかになるなど健康や社会生活に支障が生じ、周囲の人が困るなどの状況になります。

PAGE TOP