受診・入院のご案内 入院のご案内

入院の手続き

入院手続き

 入院の手続きは以下のようになっております。入退院受付までお越しください。

  • 精神保健福祉法上の書類手続き(同意書等)
  • 当院所定の入院書類等のご記入(入院申込書、保証書等)
  • 入院費のご説明と各種助成制度のご案内(高額療養費限度額適用認定等)
  • 預り金についてのご説明(預り金依頼書、預り金約定書等)

入院の手続に必要なもの

  • 健康保険証、その他医療証
  • 印鑑(本人、家族等、保証人)

※ 入院中に必要なものに関しましては、「入院のご案内」をご参照ください。

預かり金

  • 入院中は、日用品、食料品、飲み物、嗜好品などの購入代などが必要になります。
  • 現金は、原則としてご自身で管理をしていただくことになっています。しかし、医療上、現金をご自身で管理することが困難な方については、病院に管理を依頼することもできます。
    また、医療上、病院で一時的に現金をお預かりさせていただく場合もございます。

入院の種類

入院の種類は、精神保健福祉法によって、次のように区分されています。

  • 任意入院・・・患者さん本人の同意による入院
  • 医療保護入院・・・指定医の診察により、入院が必要と診断され、ご家族等の同意がなされた場合の入院
  • 措置入院・・・県知事あるいは市長(政令市)の命令による入院
  • 応急入院・・・患者さん本人及び患者さんのご家族等の同意を得られない場合の、急を要する入院(72時間まで)

リストバンドについて

患者さん間違えを未然に防ぐ取り組みとして、令和3年2月15日より「リストバンド」を導入しました。
詳しくは以下のPDFファイルをご覧ください。

入院のご案内

  • 持ち物の記名は、必ず行うようお願いします。
    紛失した場合は、責任は負いかねますので、ご注意ください。
  • 身体的な持病で内服・注射を継続している場合は、可能な限り、入院前に受診し、診断書等をご持参いただきますようお願いします。

PAGE TOP