医療関係者のみなさまへ 職員募集

研修プログラム

基本理念

 精神医学及び精神科医療の果たすべき社会的役割を認識しつつ、精神科医師として頻繁に関わる精神疾患に適切に対応できるよう、基本的かつ全般的な診療能力を身に付ける。

一般目標

  1. 患者を全人的に理解し、患者及び家族と良好な関係を確立できる。
  2. 疾患の概念と成因仮説を理解し、患者の病態を把握できる。
  3. 症状を的確に把握して診断し、治療計画を立案できる。
  4. 症状や病態の把握ために補助検査法を依頼、評価できる。
  5. 薬物療法、身体療法、精神療法について習得し、実施できる。
  6. 心理社会的療法、精神科リハビリテーション、及び地域精神医療・保健・福祉など関連分野について理解し、連携や依頼ができる。
  7. 精神科救急における病態を理解し、対処できる。
  8. 特に児童・思春期、高齢者、物質依存症、症状性・器質性精神疾患の領域について理解を深め、リエゾン・コンサルテーション精神医学を実施できる。
  9. 法と精神医学(鑑定、医療法、精神保健福祉法、心神喪失者等医療観察法、成年後見制度等)について理解を深め、文書作成に参加できる。
  10. 医の倫理、安全管理、多職種によるチーム医療について理解し、具体的な場面で対処できる。

年次行動目標

大分類 専門医制度
ガイドライン(総論)の
大項目
1年目
(3年次)
2年目
(4年次)
3年目
(5年次)
診察と検査 I.患者及び家族との面接 指導を受けて、F2・F3・F4の典型例の診療ができる。
F0・F1・F6の典型例への対処法について理解する。
必要に応じて指導を受けて、F2、F3・F4の多数例の診療ができる。
指導を受けて、F0・F1・F6の典型例の診療ができる。
独力でF2・F3・F4の多数例の診療ができる。
必要に応じて指導を受けて、F0・F1・F6の多数例の診療ができる。それ以外の病態の典型例への対処法について理解する。
II.疾患の概念と病態の理解
III.診断と治療計画
IV.補助検査法 指導を受けて、典型例の脳波・頭部CT等の依頼と判読ができる。
CPの指導を受けて、基礎的な(神経)心理検査を実施する。
必要に応じて指導を受けて多数例の脳波・CT等の依頼と判読ができる。
CPと協議して、基礎的な(神経)心理検査の適応を理解し、依頼できる。
独力で多数例の脳波・CT等の依頼と判読ができる。
多くの(神経)心理検査の適応を理解し、依頼できる。
精神科治療 V.薬物・身体療法 指導を受けて、典型例に対して抗精神病薬・抗うつ薬・抗不安薬・睡眠薬の処方ができる。
気分調整薬・抗てんかん薬の適応について理解する。
指導を受けて、m-ECTを実施できる。
多数例に対して抗精神病薬・抗うつ薬・抗不安薬・睡眠薬の処方ができる。
指導を受けて、典型例に対して気分調整薬・抗てんかん薬の処方ができる。
必要に応じて指導を受けて、m-ECTの適応を検討できる。
必要に応じて指導を受けて、多数例に対して向精神薬全般の処方ができる。
独力でm-ECTの適応を検討できる。
VI.精神療法 適応例に対して基本的な支持的精神療法を行うことができる。 力動的精神療法の基礎を理解する。 認知行動療法の基礎を理解する。
VII.心理社会的療法、精神科リハビリテーション、及び地域精神医療・保健・福祉 デイケア・作業療法・心理教育を見学し、治療活動に参加する。
保健所・共同作業所・グループホーム等を見学する。
指導を受けて、典型例に対して心理社会的療法を依頼できる。 必要に応じて指導を受けて、多数例に対して心理社会的療法を依頼できる。
特定の領域 VIII.精神科救急 指導を受けて、典型例に対して日中/時間外救急の対処ができる。 必要に応じて指導を受けて、典型例に対して救急の対処ができ、入院適応の判断ができる。 必要に応じて指導を受けて、多数例に対して救急の対処ができ、入院適応の判断ができる。
IX.リエゾン・コンサルテーション精神医学 指導を受けて、典型例に対して外来・他科病棟での診療依頼に対処できる。 必要に応じて指導を受けて、多数例に対して外来・他科病棟での診療依頼に対処できる。 独力で多数例に対して外来・他科病棟での診療依頼に対処できる。
X.法と精神医学 指定医制度と入院形態・行動制限について理解し、診察を依頼できる。 精神保健福祉法全般と関連制度について理解する。
措置入院の症例を担当する。
医療観察/成年後見制度の鑑定に助手として参加する。
指定医のケースレポートを作成する。
医療全般 XI.医の倫理 指導を受けて、典型例に対してICに基づいた対処ができる。 必要に応じて指導を受けて、多数例に対してICに基づいた対処ができる。 医療倫理のあり方について、指導医と討論しながら考察できる。
XII.安全管理 指導を受けて、患者・家族・職員の安全確保について理解し、リスクが高い場面で基本的な対処ができる。 必要に応じて指導を受けて、患者らのリスクを可能な限り高めないような治療・依頼をすることができる。 医療安全のあり方について、指導医と討論しながら考察できる。
XIII.チーム医療 指導を受けて、典型例について多職種カンファレンスで医学的な説明ができる。 必要に応じて指導を受けて、多数例について具体的な治療方針を打ち出せる。 各部門の運営に関心を持ち、病棟相談医として指導性を発揮する。

※ CP:臨床心理技術者、IC:インフォームドコンセント、FコードはICD-10による(F0:器質性・症状性、F1:精神作用物質性、F2:統合失調症等、F3:躁うつ病、F4:神経症、F6:パーソナリティ障害)

全般的な方法

  1. 病棟研修
    1. 入院患者を10名程度担当し、診療を行って診療録に記載する。
    2. 病棟カンファレンスに参加し、担当患者について提示して治療方針等を説明する。
    3. 薬物療法、精神療法を実施する。
    4. 修正型電気けいれん療法に参加する。
  2. 外来研修
    1. 外来初診患者の予診と本診(当初は指導医への陪席)を行う。
    2. 再診患者の診察(指導医の指導)を行う。
    3. 定期的に精神科救急診療に立ち会う。
  3. 講義・カンファレンス等
    1. 主な領域について講義を受け、討議を重ねる。
    2. 教材を使用し、文献検索について指導を受ける。
  4. 医局研究会(隔週月曜日開催)に必ず参加する。
  5. 院内及び県内の研究会、学会等に積極的に参加し、注目すべき症例やテーマについて発表する。

指導体制

 (専門医研修責任者)
 研修教育責任者 岩井一正、プログラム責任者 小澤 篤嗣、指導責任者 小澤 篤嗣
 以上の専門医研修責任者を中心に、指導医と担当医師が協力して指導に当たる。研修の進捗状況の把握のために、責任者との定期的な面接を行う。
 以下の協力施設で研修を行う場合は一定期間派遣される。

 (協力施設)
 神奈川県立こども医療センター、神奈川県立がんセンター、神奈川県立循環器呼吸器病センター、神奈川県精神保健福祉センター、関連総合病院の精神科

評価方法

 「精神科専門医制度研修手帳」(日本精神神経学会)をもとに、専門医研修責任者が評価を行う。研修期間が終了するまで精神保健指定医の申請に必要なレポート症例を全て担当し、さらに精神科専門医の受験申請に必要な治療場面と症例のほとんどを経験していることが、具体的な目標である。

研修ローテート(例)

  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年目
H29年度
救急病棟 高度ケア病棟 身体ケア病棟
2年目
H30年度
救急病棟 地域移行支援病棟 依存症病棟 ストレスケア病棟
3年目
H31年度
思春期病棟 医療観察法病棟 リエゾン精神医学実習
(他病院)
救急病棟

PAGE TOP