看護局について
看護局のミッション
 患者さんに寄り添い、自己決定・自立を支援し、患者さんと共に可能性にチャレンジします。
看護局のビジョン
  1. 患者さんやご家族の尊厳および人権を尊重し、患者さんの意思決定を支援します。
  2. 精神科看護の専門性を追求し、患者さんやご家族に信頼される質の高い看護を提供します。
  3. 患者さんの社会生活を支えるため、チーム医療の推進者としての役割を発揮します。
  4. 看護の本質を追究し、誇りとやりがいをもてる人材を育成します。
看護局長のメッセージ
看護局長 神奈川県立精神医療センターは、芹香病院(精神科専門病院)とせりがや病院(依存症専門病院)を統合し平成26年12月1日に新たなスタートを切りました。神奈川県の精神科医療の中核病院として、急性期や重度慢性期の患者さんに対する高度な治療や、ストレス・依存症や思春期などニーズに応じた専門的医療を提供しています。更に、「精神疾患や精神障害がある人も、ない人も、安心して暮らせる地域の精神科病院として、様々な職種がチームを組み、地域の機関と連携をとりながら、患者さんが安心して生活できるようサポートをしています。
 看護局では、「患者さんと共に可能性にチャレンジ」することを大切にしています。私たちは、患者さんの困りごとを理解しようと努め、長所や強みに目を向けて丁寧に関わることが、患者さんの夢や希望の実現につながることを実感しています。
 精神科看護の真髄は、自分自身をとおした「人との関わり」そのものにあります。看護職として、生活のしづらさや生きにくさを感じている患者さんのその人らしさを大切に関わり、患者さんや地域から選ばれる病院となるように「チャレンジ」を積み重ねていきたいと思います。
副院長兼看護局長  樋口 美佳
看護職員募集中!
お電話でのお問い合わせ
  • ※ 当サイトは、Internet Explorer 6以下では正しく表示されない場合があります。